ANTTOLA FISHING

釣りたいもの釣ったもん勝ち

Huerco タックル紹介 バス釣り 海釣り

Huerco XT511-5Sというロッド

投稿日:2018年6月6日 更新日:

パックロッドが好きだから旅に出たのか、旅が好きだからパックロッドが好きになったのか、今ではすっかり順番を忘れてしまったが、私はパックロッドというものが好きで、今回新たに手を出したのがHuercoというパックロッドメーカーのXT511-5S。

Huercoというメーカーは2017年から始動したメーカーで、もしかしたら知らない人の方が多いのかもしれない。

そもそも私がHuercoを知るきっかけになったのは現在Huercoで活動されている今野ショータさんのブログがきっかけである。

彼はもともとTULALAのフィールドスタッフとして海外での釣りを主に活動されていて、私もフィンランドでパイクを釣る際に彼のブログの情報に大変助けられた。

フィンランドで釣れたパイク

 

今野ショータさんのブログ → http://royalmilkteaspicyfishing.com

それ以来、彼のブログをこまめにチェックしていたのだが、急にTULALAとの契約が終了したことをブログで知り、今後どのような活動をされるのかと気にしていたところHuercoで活動されることを知り、そのまま私はHuercoの魅力に取り憑かれてしまったというわけである。

 

スポンサーリンク
 




 

今回選んだXT511-5Sは、「釣りのための旅に持って行くパックロッド」というより、「旅のついでに釣りをするためのパックロッド」という感覚のロッドで、魚種や釣り方にこだわるのではなく、旅先の環境下でとりあえず魚に近づきたいという願望を叶えてくれるスペックのロッドではないだろうか。

仕舞寸法は42センチと大変コンパクトで、旅の荷物としてかさばらないサイズであり、1~10gとライトゲーム全般をこなすことができる。

デザインも大変お洒落で、ストリートでも大自然の中でも溶け込むことができる。

このロッド一本あれば、川だろうと海だろうとフィールドを選ばず魚へと近づくことができるのだ。

手にしたばかりのこのロッドで、これから旅先でどのような魚達に出会わせてくれるのか、楽しみで仕方ない。

 

-Huerco, タックル紹介, バス釣り, 海釣り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

膳所港 小バス2匹Get

今回は夕まずめの膳所港です 膳所公園の周りはすっかりミズキンバイの花が咲き乱れていて綺麗でした ミズキンバイはフロッグゲームがしにくいなーと思いつつ膳所港へ 膳所港に到着し、さっそくisseiのグリコ …

小豆島 一泊二日の釣り旅 2日目

2日目 午前4時20分 起床 昨日の続きをするために大部漁港へ直行 メタルジグを投げること数十分 タダヒロ君に大きな当たり この時点でこの魚の名前は不明でしたが、帰って調べてみると「ヒラ」という魚らし …

冒険用品 TULALA Portament 73C Jet edition

6月末にフィンランドでパイクを釣りに行く予定でして タックルをどうしようか2ヶ月ほど悩んでいました 最初はいつも使っているハートランドを塩ビ管に入れて持って行こうかと考えていたのですが、 やはり長距離 …

冬に突入しつつある琵琶湖

天気曇り 気温9度 ここ最近気温も下がり、滋賀県の山々の山頂には薄っすら雪も積もりだした 琵琶湖も冬に突入しつつある 1時間ほど湖西の漁港へ行ってきた 去年は暖冬の影響もあったせいか、湖西の漁港で12 …

ダイワ ハートランド 白震斬 インプレ

ダイワのハートランドシリーズから2017年モデルとして赤いロッド『震斬77』がリリースされました。 人気シリーズなため、予約していても未だに手元に届いていない人が続出だとか… 震斬77は震斬と白震斬の …