ANTTOLA FISHING

釣りたいもの釣ったもん勝ち

DAIWA issei タックル紹介 バス釣り

ハートランド 冴掛 Midge direction ST インプレ

投稿日:2017年1月19日 更新日:

今回新しいロッドを購入したので紹介したいと思います

ハートランド 冴掛 Midge direction ST

ノーシンカーなどのライトリグ専用機です

大変高価なロッドでこのロッド一本を手に入れるためにエクスプライド2本とカルカッタコンクエスト200DCを売却しました…

しかし、後悔はございません!

このロッドの詳しいことについてはダイワさんのホームページに詳しく載っているので、このブログでは、なぜこの私がこのロッドを選んだのかと、使ってみた感想などを書きたいと思います

1つ目の理由

まず最初に冴掛のシリーズは

冴掛 Midge direction STと冴掛 Midge direction SMT

の二種類が存在します

STとSMTの使い分けをあえてするのであれば、

STはノーシンカーのワームなどを漂わせる釣り

SMTは1gくらいのジグヘッドで細かいアクションをつけるのに向いてる

とのことです

私はノーシンカーのワームを多く使用するので間違いなくSTが向いてると考えました

 

2つ目の理由

軽さです

STは78g

SMTは87g

微妙な差ではありますが、私は結構ノーシンカーを漂わせて待つ釣りをするので軽いに越したことはありませんので軽い方のSTにしました

スポンサーリンク



 

3つ目の理由

ロッドの長さです

私はもともと長めのロッドが好きで、次に購入するウルトラライトのロッドは7フィートの長さは欲しいなと思っていました

やはり軽いものを遠くに飛ばすには少しでも長さがある方がいいかなという単純な考え方ですが…

STは7フィート

SMTは6フィート10インチ

STは7フィートあります

7フィートあればアジングロッドとして使用するときも安心感が個人的にあります

 

4つ目の理由

デザインです

SMTは従来の冴掛シリーズのデザインを継承している見た目ですが、STはハートランドシリーズの中でも全く新しいデザインで個人的に魅力を感じたのでSTを選びました

デザインで選ぶというのはロッド選びで一番大事なことだと思います

 

以上が私がSTを選んだ理由であります

使用してみた感想としては、このロッドのキャッチフレーズが「世界一面白い竿」とついているだけあって、魚のサイズが小さくても大きくても魚をかけた時の感触は粘りがあってとてもファイトを楽しめます

フィネスゲームをするには最高なロッドです

実際に釣りに行って魚を釣った動画もありますので興味がある方は見てみてください

 

-DAIWA, issei, タックル紹介, バス釣り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

issei 根魚玉でロックフィッシュゲーム

京都の日本海側でロックフィッシュゲームをしてきました この日の釣行は下の動画の中盤辺りで見れます シーズンはすっかりイカのようですが、私はエギングよりロックフィッシュ issei 海太郎の根魚玉とジャ …

ハートランド オーバーゼアでロックフィッシュ in敦賀

敦賀半島の北にある立石漁港を更に北に行くと、ごろた石のポイントがあります。 今回はそのポイントでロックフィッシュゲームをしてきました。 このポイントは足元は浅瀬が広がるため少し遠投する必要があります …

19ヴァンキッシュ c3000 オールラウンダー

今までダイワ派だった私がとうとうシマノに手を出しました。 理由としてはダイワのLTシリーズの番手で、今の自分が求めている汎用性の高さにマッチするモデルが無いということが挙げられます。 LTシリーズのサ …

膳所港 小バス2匹Get

今回は夕まずめの膳所港です 膳所公園の周りはすっかりミズキンバイの花が咲き乱れていて綺麗でした ミズキンバイはフロッグゲームがしにくいなーと思いつつ膳所港へ 膳所港に到着し、さっそくisseiのグリコ …

第2回 おすすめタックル スピニング

今回紹介するのは私の使用頻度が2番目に高いタックルです No,2 ライトルアー ワーム用タックル ロッド SHIMANO エクスプライド 268ML-2 リール SHIMANO COMPLEXBB 2 …